« 2018年11月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
2018年11月 7日

歯の神経を取ればどうなる?とっても大丈夫??

歯がどうにもこうにも痛くなり、夜も寝られず食事もままならないというような経験を
したことがある方はいませんか。

秋田市の私のクリニックにも時々そのような方が、何とかしてほしいとすがるようなお気持ちで受診されております。おそらく、そのような症状が出てくるということは、虫歯が相当進行している可能性が非常に高いと思われます。

秋田市に限らず、全国どこの都市でも虫歯の本数は昔に比べると減少傾向にあるとは言われていますが、まだまだ虫歯を放置し続けている方がいるのも事実です。
私の住む秋田市の皆さんが、一本も虫歯を作らず、生涯健康でなんでもおいしく食べられるようにすることが私の使命であると考えております。そのためにはぜひ知っておいてほしいことがありますのでお伝えします。

なぜ虫歯が進行すると耐えがたい痛みが生じるかといいますと、表層の硬組織が破壊され、神経がある付近にまで感染が及んでいるからです。

皆さんはそれを聞いてどのように感じますか。

「歯医者さんにいけばちゃんと治してくれるから、心配いらないでしょ!」

「歯医者さんは怖いからギリギリまで我慢して、どうしてもいたければ神経を取ってもらえば大丈夫!!」

なんて思っている方は要注意です。
神経を取ってしまった歯の行く末は非常に怖いのです。

神経処置というのは、根の管の感染した部分をきれいにして、最終的には管の中に材料を詰めて終了する処置です。感染源を取り除くために何度か管の中をきれいにする処置を
行う場合もあります。問題になるのは神経を取った後の歯は、健全な歯と比べると非常に脆弱になりやすいということです。

歯の第一の目的は栄養を取るために食物を粉砕し、体内へそれを運ぶことができる形状にしていくことです。それは咀嚼と呼ばれます。

咀嚼時に、歯牙にはどの程度の力が加わるかは知っていますか。
およそ50~60キログラムの力がかかり、それを毎回歯が負担しています。
歯牙はそれだけの力にずっと耐えていかなければならないのですが、神経を失い脆弱化してしまうとその力に耐えきれないという最悪な事態が起こるのです。

何が最悪かといいますと、歯が力に耐えきれないと歯が垂直的に割れてしまうことがある
からです。そのような割れ方をしてしまいますと、かなりの高確率で抜歯を余儀なくされます。

抜歯は歯医者さんではよくある処置ですが、虫歯が原因で抜かなくてはいけなくなってしまうことがあるのです。永久歯は抜いてしまうと二度と元にはもどりません。入れ歯や、ブリッジなど人工の代替え物で補うしか方法がなくなってしまいます。

そんなことがないように、虫歯は小さいうちに処置することが非常に大切です。
さらに言うと、虫歯が一本もできないように予防のケアを生涯受けることが最も重要であるということを理解していただけると嬉しいです。

Google +1
2018年9月20日

子どもの歯を守りましょう!!

昔に比べ虫歯の本数が減ってきたとは言われているものの、歯医者さんに虫歯治療で通っている方はまだまだ、たくさんいらっしゃいます。
秋田市でも例外ではありません。痛みがでたので治してほしい、穴が空いていて、ものが挟まって痛いなど様々な悩みをお聞きします。

皆さんは歯医者さんで虫歯を治せば、あとはそれで大丈夫と思っていませんか。
確かに虫歯になった部分を除去し、詰め物などで補修すれば、一旦はそれでも良いかもしれませんね。

しかしながら、一旦治療をした歯は虫歯の再発や何らかのトラブルに見舞われる可能性が
非常に高くなるのです。なぜならば、補修した材料は歯科用接着剤で付着させているだけだからです。接着面はわずかな隙間があり、そこから細菌が侵入し虫歯の二次感染が生じます。ですから、「虫歯になれば歯医者さんで治せばいいんでしょ」、「秋田市には歯医者さんが沢山いるんだから」、などと簡単に考えないでくださいね。

ではどうするのが、一番良いのでしょうか。私が考える一番の方法は、生まれてから一度も虫歯を作らないという強い意志を持ち、親御さんが子供の歯を生涯守るという長期的な
環境づくりをしていくことです。

ところで秋田市の小中学校や幼稚園、保育園などでは毎年歯科検診が行われています。
しかしながら、年に一回の検診でお子さんの歯をしっかり守れるとは考えないでくださいね。

私も秋田市の中学校歯科医を務めたことがありますが、椅子に対面して座り、お口の中を覗いて検査をするのです。その環境下で、全ての虫歯やそのほかの異常をすべて漏れなく見つけ出すのは、なかなか困難なのが現状です。もちろん可能な範囲で精査し、見逃しがないようには十分配慮はします。ただ限界があるのが現実であるということをこの場でお伝えしておきます。

では、一番よい方法は何かというと、何も異常がないとお考えであったとしても、歯医者さんに出向き、ちゃんとした環境下で精査をしてもらうことです。必要であればレントゲン撮影も行います。

専門家が診て異常があれば早めに治療をする、異常がなければ、それを維持するために
予防処置を施す、それが最良の方法になります。お子さんが自ら、「虫歯がないかどうか調べてもらいたいから、ぼく歯医者さんに行きたいな」などという言葉を聞くというようなことはまず考えられませんよね。子供の歯を守るのは親の責任であるということをしっかり認識してください。そのためには、親御さんが、お口の健康を維持するために本当に必要なことは何なのかを理解していただくことからスタートになります。

いまからでも遅くはありません、お子さんを歯医者さんに通わせる習慣がない方は、
是非足を運んでいただくことをお勧めします。

Google +1
2018年9月13日

デンタルフロスは超主役級!?

皆さんは歯を磨くときには、歯ブラシを使うことと思いますが、それ以外の清掃器具を用いることはありますか。秋田市にある私のクリニックに初めていらして頂いた方にお伺いすると、約7~8割くらいの方が歯ブラシのみで清掃しているとお答えになります。残りの方はデンタルフロス(歯科用糸ようじ)や歯間ブラシを毎日、あるいは時々使用するとのことです。ほかの歯医者さんに通われている方々の状況は、わかりませんが恐らくどこの歯医者さんでも似たような状況ではないかと思われます。

秋田市のスーパーやドラックストアには、様々な口腔関連の商品が販売されています。
その中でデンタルフロスや歯間ブラシは、清掃補助器具などと一括りで呼ばれたりします。私はその呼び名は、正直良くないと思うのです。補助というと、あくまで必要であれば、というようなニュアンスを含んでしまうからです。「歯ブラシで物足りなければ使ってください。」というように聞こえませんか。ほとんどの歯医者さんでもそこを意識することなく、補助器具と呼んでいたりします。

歯の清掃器具は、それぞれ用途があり、歯ブラシだから出来ること、デンタルフロスだからできること、歯間ブラシだからできることがあります。
さらに、歯ブラシはすべての方に適応になりますが、デンタルフロスと歯間ブラシは、
歯と歯の位置関係、隙間の具合によってどちらかを用いるか決まってきます。
どっちを使ってよいのか分からない方は、一度歯医者さんでご相談してくださいね。

今回はデンタルフロスをテーマにお話を進めますが、それの主たる目的は、
歯と歯が隣接する接触点の汚れを掻き出すことです。専門的には歯間部と呼ばれる部分です。歯ブラシの毛先はその接触点のある歯間部までしっかり到達することは困難であるため、汚れが必ず残ってしまいます。

おおよその目安にはなりますが、歯ブラシのみの清掃でお口の汚れの約60パーセントが取り除けると言われています。歯ブラシとデンタルフロスを併用することにより、約80パーセントが取り除けると言われてます。では残りの20パーセントはというと、磨き残しとして、お口の中に残ってしまいます。
どうしても歯牙という複雑な形態のものが密に整列しているわけですから、致しかたないとは思います。残った汚れは、やがて歯垢になり、歯石へと変わっていきますので、歯医者さんでクリーニングを受けることが必要です。

これからは、歯を磨くときは、歯ブラシ、歯磨き粉(必須ではありません。)デンタルフロスの三点セットが基本と考えてください。ご自宅になければ、秋田市内にあるドラッグストアなどで早速購入してください。目の前に揃えて準備することが大切です。私は毎日デンタルフロスを使用しています。

なぜなら、毎日しっかり汚れが取れてくるからです。使わないと気持ちが悪いのです。

皆さんにとって、デンタルフロスが歯ブラシに並ぶ主役級のアイテムとして認識されることを願います。

Google +1
2018年9月 6日

絶対知ってほしい、磨き方よりも大切なこと!!

歯医者さんで歯科衛生士さんに歯の磨き方を教わったことがあるという方は、多いと
思います。鉛筆を持つような持ち方で、小刻みに丁寧に磨きましょう、というのは真に
正しい磨き方です。秋田市でも衛生士さんたちは同じような知識を学び、六月に秋田市で開催された「良い歯のコンクール」でも、歯医者さんの指導のもと、小中学生の皆さんに磨き方の指導をさせて頂いたばかりです。

磨き方をよく知らないまま、いい加減に磨いてしまうと磨き残しが残り、歯の表面に強固に付着する歯石が見られるようになります。歯石は歯ブラシで簡単に落とせるものではなく、歯医者さんにある専用の機械で除去することが必要になってきます。歯石が付着した状態が長く続くと、歯ぐきの炎症が発生します。炎症があるかどうかの判断は、歯ぐきがブヨブヨしたり、歯ブラシを当てると血がでてきますので、それを指標にしてください。
さらに歯石の付着が長引くと、歯周病が進行してきます。歯周病という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。

歯は、歯槽骨と呼ばれるがっちりした骨に支えられていますが、歯周病にかかってしまうとその骨がダメージを受け、吸収して少しずつ無くなっていきます。すると、歯は支えを失ってグラグラ動き始めてしまうのです。

そうなると、食べ物をうまくすり潰すことや、固いものをかみ砕くことができなくなり、満足な食事が取れなくなってしまいます。それが歯周病の恐ろしい症状です。
日本人の9割が歯周病にかかっていると言われています。もちろん程度の差はありますが、歯ぐきに腫れが見られれば、初期の歯周病にかかっていると言われていますので、
相当の人数がいるのでは?というのは、専門家ではなくても容易に想像が付くでしょう。

ところで、磨き方は非常に重要ですが、その前に知っておくだけで数倍磨きの効果が上がる内容をお伝えします。それは、歯の構造、並びを理解し、汚れや食べ残しが付着しやすい部位をちゃんと把握することです。それを知りながら歯を磨くのと、知らずに磨くのとでは、清掃状態に差が間違いなく出てきます。歯医者さん行く前にもそこを重点的に意識して磨くと、衛生士さんから驚かれるかもしれませんね。

その部位とは、「みぞ」、「隙間」「付け根」の三か所です。歯医者さんが学生時代に授業でも実際に教わる内容で、皆さんにとっても非常に有益な情報になるので、ぜひ覚えてください。まず、「みぞ」に関してご説明します。「みぞ」がある場所は、奥歯の上下の歯が接し、食物を粉砕する、まさにその表面です。みぞがあるということは、そこに細かな食物残渣が停滞しやすいので、ま歯ブラシの毛先を奥歯の噛む面を意識して当てることです。「みぞ」から汚れを掻き出すイメージを持って、しっかりブラシの細かい毛先を当てていきましょう。

次は「隙間」です。歯と歯は隣り合っている者同士、接触し合いながら並んでいます。その接触する点の部分が非常に汚れの停滞しやすい部分です。そこの清掃ですが、歯ブラシの毛先では非常に届きづらい部分なので、デンタルフロス(歯科用糸ようじ)をぜひ使用してください。フロスを使わないまま、完全に「隙間」を清掃するのは不可能です。隙間にフロスを通すことによって、汚れがそれに絡みついてきます。

最後に「付け根」です。歯は歯ぐきに覆われています。歯ぐきと歯の境が「付け根」に当たります。その部分は歯肉溝と呼ばれる溝があるため汚れが非常に停滞します。
それを、効果的に取り除くためには歯ブラシは斜め45度に当て、「付け根」の小刻みに
磨いていきましょう。

磨き方はもちろんですが、磨く相手のことを良く知ことで、さらに効果的に磨けるようになります。秋田市が日本で一番虫歯の少ない県を目指すために、三つの磨き残しが発生しやすい部位をこれからは意識して、歯の健康を是非守ってくださいね。

Google +1
2018年8月31日

歯医者が薦める親子で虫歯予防の新習慣!!

虫歯リスクが高いのは何歳くらいまでか、皆さんはご存知でしょうか?
実は20歳の成人になる頃までが、非常にリスクが高いと言われています。
ここ最近では、虫歯にならないようフッ素塗布を積極的に行い、予防で歯医者さんに通う習慣の子供たちが秋田市でもだいぶ増えてきました。皆さんが歯医者さんに通ってくださるおかげで、少しずつではありますが、虫歯の治療の頻度も減少傾向にあると言えます。
しかしながら、秋田市の私の歯医者では、ほぼ毎日のように虫歯の治療で子供たちが
来院しています。

もちろん、私の商売は歯医者なので、秋田市の皆さんが私のクリニックで虫歯の治療を受けて頂き、心より感謝しております。とは言うものの、虫歯は早期に発見し、治療が必要と判断されれば、できるだけ歯医者さんで速やかに治療を受けることをお勧めしておりますが、できれば治療をせず、一度も削ったことのない歯を生涯多く残していただきたいと思うのも事実です。

なぜならば、一旦歯を削ってしまうと、再発のリスクが非常に高くなるからです。
虫歯があると、多くの歯医者さんではダイヤモンドバーと呼ばれる、歯牙よりも固い切削器具を用いて、虫歯を取り除いていきます。

虫歯を取り除いた後は、何らかの人工物を、接着材でくっつけて治療は終了します。
そこで、問題なのが、接着は永久的に持つわけではないということ、顕微鏡レベルのわずかな隙間は必ずできることです。

歯が単なる飾り物であるとすれば、永久的に長持ちするかもしれませんが、食べ物を
粉砕するたびにかなりの力が加わり、酸、アルカリ等、ありとあらゆる食材と接触し、いつも駆使されているのが歯です。ですから、隙間から細菌が侵入したり、人工物が取れるなど色々な不具合が想定されます。削った部分は組織学的には脆弱ですので、そこから虫歯が再発するということが十分考えられます。

そこで歯医者の私が推奨する新習慣は、親子でお口の中を見せ合い、虫歯や不具合がないかチェックし合うということです。そしてブラッシングをし合ってください。
それを20歳頃まで継続できれば素晴らしいと思います。

相互チェックがなぜよいのかというと、専門家でなくてもある程度の虫歯は分かりますよね。歯ぐきが腫れているとか、ここは歯医者さんで治療すべきではないのかとか、実に色々なことが分かると思います。

多くのご家庭では、小学校の低学年くらいまで親御さんが子供の仕上げ磨きをしているようです。高学年になると仕上げで親御さんが関わる頻度は下がり、中学に入学するころには、子供の口の中を覗く機会がほとんどなくなります。

中高生は受験や部活で忙しい時期でもありますし、歯医者さんに通い続けていない限り、
第三者からチェックしてもらう機会がほぼなくなります。磨きも疎かになりやすい時期です。是非とも親御さんは歯医者さんになったつもりでお子さんのお口の中を、成人するまで見てあげてください。思春期にもなり、反抗もされ、そんなのあり得ないと思うかも
しれません。ですが、なるべくお子さんが小さい頃から、親御さんからも「じゃあ、今度はお母さんの口を見てちょうだい、歯磨きもお願いね」などのやり取りをしてみるとよいと、私は思います。

人に口を見せる、人の口をチェックするのが当たり前の環境がわたしは大切ではないかと
思います。とにかく、いつも歯に関心を持つこと、無関心であれば必ず不具合がでると
私は感じております。秋田市の皆さんが新習慣を身につけ、歯磨きで良好な親子関係も築いてくださることを切に願います。

Google +1
2018年8月27日

日本人に歯周病が多いのは、性質が原因だった!?

歯周病は世界で最も多い病気と言われています。それは日本も、秋田市も例外ではありません。日本人にはなぜ、歯周病が多いのかを歯医者の私なりに考察してみました。

歯周病は歯の周りの歯ぐきに炎症が起こる病気で、歯牙があれば人間も動物も発症する病気です。それを防ぐためには、皆さんが当然ご存知のように日々のブラッシングケアをちゃんと行い、時には歯医者に行き、病気になってないか精査し、歯周病の原因となる病的要素があればそれを取り除くことです。

では、なぜ頭である程度理解していても、なかなか定着しないのでしょうか。
第一に考えられるのは、正常性バイアスが働くからと考えます。正常性バイアスは自分にとって、なにか被害、不利益が及びそうな場面が想定されても、通常通りに起こりうる日常の延長的なことと捉え、危機感がなく自分には関係ないなどと、誤った解釈をしてしまうことです。

痛みや腫れなどの自覚症状もないし、口臭は若干気になり始めたものの、磨き残しがあったのかな、などと過少評価をしてしまい、歯医者に行こうと思う方がほとんどいないのです。病気の可能性があったとしても、そこに正常性バイアスが働いてしまいます。

近年、秋田市も含め異常気象が多発しています。地球環境が大きく変わりつつある中、被害に見舞われ毎年、命を落とす方が多くいらっしゃいます。そこでも、正常性バイアスが働きました。

秋田市に住む私たちも、何かがあれば、それを過小評価せず迅速な対応、時には避難を心掛けていきたいものです。初期の歯周病は自覚症状が乏しいと言われています。少しでも、違和感を覚えたら、いや、まったく症状がなくても歯医者さんで診てもらってください。

第二に、秋田市を含め、日本は同調性が高い民族であるというところが起因しているようです。同調性とは、周囲と行動や考えを合わせ、足並みを揃えて似たような行動を取るということです。

それが高いというのは、集団の団結を強め、信頼関係も良好になるのでしょう。
ただし、同調性ばかりに偏りすぎると、どうなるのでしょうか。

他人と違う行動を取るのが、恐怖に感じたり、違和感を覚えたりするかもしれません。
さらには、自分の考えをあまり表にださなくなり、相手の意見に迎合してばかりという
こともあり得るでしょう。

歯医者の私は、歯周病や虫歯を防ぐには予防が絶対に必要なので定期的に受診を
してくださるようにお伝えをします。すべての歯医者さんが同じようなお話をされていると思います。

しかしながら、現在日本ではわずか1~2割程度の方しか、予防で歯医者さんには
行っていません。私は、その割合の少なさに同調性の心理が強く働いていると感じます。
皆と同じだから安心、祖父母、両親もそうであったなど。

本当にそれで、良いのでしょうか。私はどなたかが、勇気をもって行動変容するということが必要だと思います。100年前と比較すると、あらゆる技術が進歩し、私たちの生活も計り知れないほど豊かになりました。どのような場面でも、選択肢が急増しています。
その中で、新しい考えを吸収し、我先にという積極的な性質を、私を含め、日本人は持つべきなのではと強く思います。

私は、これからも歯医者として秋田の皆さまのお口の健康を守り続けることを本望とし、皆さんにも予防が当たり前という感覚を少しずつ定着して、日々の話題のなかに増やしていだたけたらと思います。

Google +1
2018年4月12日

歳をとっても自立して生きていくためには!?

日本人の平均寿命は女性が86.63歳で世界1位、男性が80.50歳で世界8位と、世界的に見ても高水準です。

ところが健康寿命はというと、男性71.19歳、女性74.21歳と低めの値です。
この健康寿命とは、日常的に医療機関に頼らず自立して生活できる状態での寿命です。
平均寿命と健康寿命の差は約10年もあるということになります。
がんによる死亡率が高い秋田市ですともっと差が開いているのではないでしょうか。
なぜそれらがそんなにも乖離(かいり)してしまっているのかを、しっかり考える必要があるでしょう。

私もそうですが、人に頼ることなく健康であれば、可能な限り長生きしたいと思う方が多いと思います。では、それを実現するために今からすべきことを考えていく必要があります。

食事習慣、運動習慣、喫煙等の生活習慣が原因で発症する病気を生活習慣病と言いますが、健康寿命を延ばすために一番必要なことはそれにかからないように、習慣を変えることが非常に重要です。

実は、虫歯や歯周病も生活習慣病であるということは知っていますか?
糖分を多く含んだ食べ物や飲み物を頻繁に摂取する習慣があると、当然虫歯にかかりやすくなります。また、歯に付着した歯石を取り除くために、歯医者に通う習慣がないと歯周病になってしまいます。日本成人の8~9割が歯周病にかかっていると言われています。秋田市も例外ではありません。

私が開業前に勤務していたクリニックでは、足を運べない方のためにご自宅に訪問し、歯科治療を行っていました。日々お伺いする中で、はっきりわかったことがあります。
それは、訪問診療では極めて入れ歯を装着している方の数が多いということです。

これは何を意味するかというと、歯を失えばそれだけ、体が弱り外出も難しくなるということです。なぜ、歯を失うと体が弱ってしまうのかというと、食生活に大きなダメージを与えてしまうからです。今まで食べられていたものが、食べられなくなり栄養状態が悪くなります。体に栄養がちゃんと行き届かないと体に不調をきたすことは言うまでもありません。

また、しっかり噛めるということが、脳への血流量を増加させ、ボケなどの認知症を予防してくれているのですが、それが出来ないと老化が一気に加速します。

歯医者にしっかり通い、歯を失わないようにすることが健康寿命を延ばすためには、絶対に必要なことだと私は確信しています。

秋田市には歯医者さんはたくさんありますので、まずは虫歯や歯周病がないか現状を知るために、出来るだけ早く受診することをお勧めします。

秋田市民が日本一、いや世界一健康寿命が長い都市になることは夢ではありません。

Google +1
2016年10月18日

食いしばりって?気になる症状、治療について

皆さんは寝ている最中にどのような動作を普段していると思われますか?
寝返りを打ったり、夢を見たり、時には寝言を言ったり・・・。
寝ている間は様々な動作をしていますよね。

さて、他にもこんな動作をしている場合があります。
上アゴと下アゴ同士を合わせて、グッと力を入れたり、歯と歯を合わせてギリギリ
擦り合わせたりです。
いわゆる、食いしばりや歯ぎしりと言われてるものです。

自分はそのような動作はしていないと思っていても、傍で寝ている家族から指摘を
され気づくことも多いようです。寝ている最中は無意識ですからね。

誰かに指摘されなくても、もしかしたら食いしばりや歯ぎしりをしている
可能性が疑われる兆候です。

・朝目覚めるとアゴが疲れている。
・側頭部の筋肉に凝りや痛みを感じることがある。
・熟睡感があまりない。
・首筋や、肩が重い感じがある。
・歯がすり減っている。

目覚めたときや、日中にそのような兆候を感じる場合は注意が必要です。
アゴの痛みが悪化して、顎関節症を発症したり、歯が摩耗し過ぎて痛みやしみる
症状が出てくるかもしれません。

主な治療法としては、寝ている最中にはめるナイトガードです。
食いしばりや歯ぎしりから、歯やアゴを守るものです。

病状が悪化してからでは、治癒に時間がかかってしまい、治りにくくなりますので
少しでも異変を感じたら歯科医師に相談しましょう。

Google +1

ハピネス歯科クリニック
院長 大久保 圭

院長 大久保圭

医院サイト:
http://www.happiness12.com/

私が目指しているのは"究極の予防歯科"を提供することです。"究極"という中には、単に歯のケアによるむし歯予防だけに留まらず、総合的な生活スタイルをとおした人生の充実や、お子さまの成長のサポートなどが含まれます。

すべての人に、むし歯や歯周病と縁のない健やかな日々をお過ごしいただけたらと考えております。特にお子さまは、私たち大人がしっかりとした知識を持って接することで、一生歯の治療が必要のない人生を歩ませることができるはずだと思います。

Google +1