歯科医師の道を進んだきっかけ

院長あいさつ私の父は産婦人科の医師でしたので、医者という職業はずっと身近に感じておりました。私も一時期、医者を目指そうかと考えたこともありました。ですが、受験生のときにむし歯に苦しみ、ある歯科医院に駆け込んだのですが、治療を済ませるとあれほど辛かった痛みがすぐに治まったのです。まるで魔法のようだと感じました。そのことがひとつのきっかけとなり、歯科医師を目指すことになったのです。

思い返してみると、子どもの頃から手先がとても器用だった気がします。プラモデルやラジコン、また自分でミニ四駆のコースを作ったりして遊んでいました。そういう面でも歯科医師の方に自然と気持ちが引っ張られていったのかもしれません。

まずは、お悩みをご相談ください

無料のご相談はこちら