理想の歯科医院を開業

院長あいさつ開業したときにまず意識したのが、バリアフリーとご高齢者への配慮です。そのため、車椅子でもそのまま入れる医院にしました。

また、靴を脱いだり履いたりする動作はご高齢者にとっては腰に負担がかかります。これまでずっと、患者さまが腰を丸めながら靴を脱いだり履いたりするのを見て「どうにかできないものか」と考えてきました。そのため当院は、土足のまま入れるようになっています。感染予防の面からも、医院のスリッパを回し履きするより効果的だと思っています。

しかし、独立して歯科治療にあたりながら感じたことは、歯科医院と患者さまとの心の距離の遠さです。もっと患者さまにとって身近なパートナーになりたい、患者さまと一緒に歯の健康を守る存在でありたいと考えるようになりました。

まずは、お悩みをご相談ください

無料のご相談はこちら