小児歯科

お子さまへの歯科治療が大人の治療と大きく異なるのは「乳歯」であるということです。当院では、お子さまのお口の状態を正確に見極め、できるだけ削らない、麻酔をしない治療を心がけております。

小児歯科

保護者さまが願うのは、お子さまのお口の健康が生涯にわたって保たれることではないでしょうか。そのためには、子どものうちからのむし歯予防や正しい習慣を身につけることが大切です。

当院では、保護者さまと一緒にお子さまのむし歯予防に取り組んでいきたいと考えています。歯科医院に対するお子さまの印象や生活習慣などは、お子さま一人ひとり異なります。それぞれのお子さまに対してスムーズな診療を行うためにも、不安なことや気になることはお気軽にご相談ください。

なるべく「削らない」治療
当院の小児歯科では、将来的に永久歯を1本も治療しないで済むような、健康な歯を保ってもらうことを目標としております。そのため、乳歯がむし歯になってしまった場合は、そのむし歯が今後生えてくる永久歯に影響を及ぼす可能性があるかどうかを正確に見極めます。だからといってむし歯を放置しておくのは危険です。乳歯のむし歯が永久歯に悪い影響を与えることもあるからです。

むし歯の乳歯が永久歯に与える影響小児歯科
たとえば、神経が死んでしまった乳歯を放っておくと、薄茶色に変色した永久歯が生えることがあります。また、乳歯のむし歯であっても症状が進んでしまっている大きなむし歯をそのままにしていると、両脇の歯が傾いて永久歯が生えてくるスペースが狭くなってしまったり、噛み合わせるもう一方の歯が伸びたりして、歯並びに悪影響を及ぼすこともあります。

当院では、お子さま一人ひとりのお口の中の環境や歯の状態を見極め、永久歯に及ぼす影響を考慮し、その上で治療計画を立ててまいります。

まずは、お悩みをご相談ください

無料のご相談はこちら