痛みに配慮した麻酔方法

シリジット「いつ麻酔をしたのかわからなかった」これは、実際に当院で麻酔治療をされた患者さまによく言われる言葉です。麻酔の痛みの原因は、歯ぐきに針が進入したときのチクッとした痛みである場合がほとんどです。当院では、なるべくその痛みを軽減させる麻酔方法を患者さまのお口の状態に合わせて選択しております。

<当院の麻酔方法>
●クリーム状の麻酔薬による表面麻酔
●注射針のない器具(シリジェット)による麻酔
●電動麻酔による麻酔

中でも、針のない麻酔器「シリジェット」は、高圧力で麻酔薬を噴流させることで麻酔薬を浸透させる麻酔器のため、チクッとした痛みを感じさせません。歯ぐきに水圧をかけて使用するため、一瞬バチンという音が出ますが痛みはほぼありません。

まずは、お悩みをご相談ください

無料のご相談はこちら