むし歯の進行について

むし歯には5段階の進行状態があります。学校や地域の歯科検診で「CO、C1...」という単語を耳にされたり目にされたりしているかと思います。ここでは、そのむし歯の進行状態を表す「CO」~「C4」までの症状をご紹介いたします。

Co【1】CO:脱灰
歯の表面部分のむし歯です。初期段階のため痛みはありません。毎日のブラッシングで対処できますので、ブラッシンク指導を受けていただくことをおすすめします。また、歯の溝を埋めるシーラントやむし歯抑制効果のあるフッ素塗布を行うことで、より改善が見込めます。

C1【2】C1:エナメル質のむし歯
歯の表面のエナメル質が溶けることで表面が黒くなった状態です。まだ痛みはありません。むし歯部分を取り除く治療が必要です。

C2【3】C2:象牙質のむし歯
歯の内部でむし歯が広がって象牙質にまで達した状態です。冷たいものや甘いものがしみるなど、痛みを伴います。むし歯部分を削ったあとに被せ物をします。

C3【4】C3:神経のむし歯
歯の神経までむし歯が達してしまっている状態です。温かいものがしみ、噛み合わせると痛みを伴います。ここまで進行してしまうと歯を削ることは必須です。歯を削って穴を開け、歯の神経を抜いて被せ物をします。

C4【5】C4:歯根のむし歯
むし歯が歯の根まで達してしまっている状態です。神経が死んでしまいますので、痛みがない場合もあります。この段階まで来てしまうと、抜歯となる場合が多くなります。抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯を用います。

まずは、お悩みをご相談ください

無料のご相談はこちら