むし歯治療

なるべく「削らない」「痛くない」治療を行い、むし歯の再発防止に全力を注ぎます。どんなベテラン歯科医師でも、肉眼では見えないむし歯があります。当院では治療後に必ずカリエス検査液を使用し、むし歯を100%除去できたかを確認します。わずかなむし歯も見落としません。

むし歯治療

当院のむし歯治療で最も大切にしていることは、再発を防止することです。必ずカリエス検査液によるむし歯の染め出しを行うことで、わずかなむし歯も残さずに治療しております。

また、なるべく「削らない」「痛くない」治療を心がけております。治療では、極力削る部分を最小限に留めることを優先し、たとえ削らなければならない状態の場合でも、患者さま一人ひとりのお口の中の状態や、その日の体調面を考慮し、なるべく痛みを感じないよう、治療方法を工夫しています。

エキスカ・ベータによる「削らない」「痛くない」治療

どんなに歯科技術が発達しても、天然の歯に勝るものはありません。天然の歯は、ほかの体のパーツと同じように人間の生活に驚くほど適合する機能を持っている、親から子へと受け継がれたものです。そんな大切な歯ですから、当院では極力「削らない」治療を心がけております。

エキスカ・ベータとはエキスカ・ベータ
エキスカ・ベータは、非常に小さな耳かき棒のような器具です。細心の注意を払いながら、むし歯になって軟化した部分だけを取り除いていくことで、むし歯治療を行います。

エキスカ・ベータを使用すれば、あの「キィーン」という不快な音が発生しないのはもちろん、健全な歯質を削ってしまうこともありません。むし歯は進行すると歯を溶かしていくように軟化していきますが、その特性を利用して除去しますので、多くの場合麻酔も必要ありません。

<エキスカ・ベータ治療のメリット>
・歯を削らないため、健全な歯質を傷つけない
・麻酔の必要がないことが多いため痛みも少ない

痛みに配慮した麻酔方法

シリジット「いつ麻酔をしたのかわからなかった」これは、実際に当院で麻酔治療をされた患者さまによく言われる言葉です。麻酔の痛みの原因は、歯ぐきに針が進入したときのチクッとした痛みである場合がほとんどです。当院では、なるべくその痛みを軽減させる麻酔方法を患者さまのお口の状態に合わせて選択しております。

<当院の麻酔方法>
●クリーム状の麻酔薬による表面麻酔
●注射針のない器具(シリジェット)による麻酔
●電動麻酔による麻酔

中でも、針のない麻酔器「シリジェット」は、高圧力で麻酔薬を噴流させることで麻酔薬を浸透させる麻酔器のため、チクッとした痛みを感じさせません。歯ぐきに水圧をかけて使用するため、一瞬バチンという音が出ますが痛みはほぼありません。

再発を防ぐカリエス検査薬(むし歯検知液)による治療チェック

カリエス検査液カリエス検査薬とは、むし歯を赤く染める検査液です。当院では、治療の最終チェックとして必ずカリエス検査薬を使用した検査を行います。この検査を行う最大の目的は、むし歯の再発防止です。

むし歯が完全に除去されたことが確認できるまで【カリエス検査液による染め出し⇒染まった部分の除去】を繰り返します。

100%完治させ、むし歯を取り残しません
「むし歯を完全に除去する」ことは、当然のことだと思われるでしょう。ですが、技術不足や治療時間不足などの理由により、むし歯を取り残してしまっている歯科医院は多く存在します。

どんなに知識や経験が豊富な歯科医師であっても、肉眼で判断することが困難なむし歯があります。その場合、肉眼で見えた部分だけを削って治療を済ませても、むし歯を取り残している状態のため、一度治療したところが再度むし歯になってしまうのです。

むし歯の進行について

むし歯には5段階の進行状態があります。学校や地域の歯科検診で「CO、C1...」という単語を耳にされたり目にされたりしているかと思います。ここでは、そのむし歯の進行状態を表す「CO」~「C4」までの症状をご紹介いたします。

Co【1】CO:脱灰
歯の表面部分のむし歯です。初期段階のため痛みはありません。毎日のブラッシングで対処できますので、ブラッシンク指導を受けていただくことをおすすめします。また、歯の溝を埋めるシーラントやむし歯抑制効果のあるフッ素塗布を行うことで、より改善が見込めます。

C1【2】C1:エナメル質のむし歯
歯の表面のエナメル質が溶けることで表面が黒くなった状態です。まだ痛みはありません。むし歯部分を取り除く治療が必要です。

C2【3】C2:象牙質のむし歯
歯の内部でむし歯が広がって象牙質にまで達した状態です。冷たいものや甘いものがしみるなど、痛みを伴います。むし歯部分を削ったあとに被せ物をします。

C3【4】C3:神経のむし歯
歯の神経までむし歯が達してしまっている状態です。温かいものがしみ、噛み合わせると痛みを伴います。ここまで進行してしまうと歯を削ることは必須です。歯を削って穴を開け、歯の神経を抜いて被せ物をします。

C4【5】C4:歯根のむし歯
むし歯が歯の根まで達してしまっている状態です。神経が死んでしまいますので、痛みがない場合もあります。この段階まで来てしまうと、抜歯となる場合が多くなります。抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯を用います。

根管治療

むし歯が歯の神経まで到達してしまっている場合、根管をキレイにすることが必要となります。当院の根管治療で心がけていることは、再発をしっかり防止すること。神経部分の非常にデリケートな治療であるため、感染をしっかりと予防します。

根管治療根管治療は、神経まで達してしまったむし歯のための治療方法です。歯に穴を開け、死んでしまった神経を取り除き、根管内をキレイにしたあと、無菌的にその管を封鎖し、唾液に含まれる細菌の侵入を防止します。神経部分に直接触れる治療となりますので、感染予防には徹底して取り組んでおります。

ウェーブワン(根管拡大装置)による感染予防
当院の根管治療ではウェーブワンという、世界で多くの歯科医師に愛用されている電動の根管拡大装置を使って治療を行います。この機器を使用することで、治療にかかる時間を従来の5分の1に抑えることができ、外気に触れる時間も抑えることができます。神経部分を露出する治療ですので、外気に触れないということは大きな感染予防につながります。

感染リスクを抑える治療計画

根管治療「歯に詰めた薬の交換に何度も通っている」
「本当はもう通う必要がないのでは?と疑問に感じたことがある」
「根管治療は完治までにかなり期間がかかった覚えがある」

根管治療をはじめ、むし歯の治療でこのような経験はありませんか。当院では、患者さまの負担を少なくできるよう、極力治療を長引かせない努力をしております。治療に通っていただく回数をできるだけ減らしたいと考えているためです。

特に根管治療では、1回の治療に時間をかけて通院回数を減らしたほうが感染のリスクを下げることができ、治療後の痛みも軽減することができます。

再発防止を意識したていねいな治療

根管治療根管治療は、むし歯の治療の中でも特に患者さまにはわかりづらい治療です。もちろん患者さまご自身の目で見て確認していただくことができません。そのため、根管治療は歯科医師の技量・力量・意識に大きく結果が左右されると言えるでしょう。

当院の願いは、すべての人に健康な歯を保っていただくことです。歯科治療のための医院ではなく、歯科予防のための医院にしていけたらという理想の下、患者さまの将来を見据えたていねいな治療を徹底しております。きめ細やかな治療を行うことで再発のリスクは抑えることができるのです。

根管治療の主な流れ

根管治療の主な流れ【STEP1】歯の表面のむし歯部分を、器具を使って除去します。
次へ
【STEP2】根管部分の治療がしやすいように、神経スペースに穴を開けます。
次へ
【STEP3】穴から歯の根の感染した部分や死んでしまった神経を取り除きます。
次へ
【STEP4】根管の先まで薬を詰めて炎症を鎮め、ばい菌が入らないように根管を封鎖します。
次へ
【STEP5】根管治療後の歯は、症例により詰め物・被せ物を取りつけます。

歯周病治療

歯周病治療における三大治療は「早期発見」「早期治療」「定期的なメンテナンス」です。特に日常生活でのケアや定期的なメンテナンスは、歯周病の予防に絶大な効果をもたらします。

歯周病治療

歯周病は、初期段階では症状が現れにくく、自覚症状が出始める頃にはすでに末期状態である場合が多い病気です。放置しておくと、最悪の場合歯が抜け落ちてしまうだけでなく、内臓にも影響を及ぼします。しかし歯周病は、日頃からしっかりと予防をしていれば防ぐことができます。

歯周病とは

歯周病とは歯周病とは、歯肉やセメント質、歯根膜、歯槽骨によって構成される「歯周組織」の炎症が原因で発生する病気です。まず歯の周りに付着した汚れによって歯周組織に炎症が起こります。そして、炎症により少しずつ歯周組織が破壊されていきます。症状が進行していくと、ついには歯を支えきれなくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

あなたは大丈夫?歯周病の主な症状
・歯ぐきから血が出る
・口臭の発生
・歯を磨くと痛い
・口臭が気になる
・朝起きたら口の中がネバネバする

このような症状でお悩みの方は、一度歯科医院を受診されることをおすすめします。歯周病になってしまった場合、早期発見・早期治療はその後の歯周病の進行具合に大きな影響を与えてしまいます。

歯周病の原因

歯周病の原因歯周病の原因は、歯と歯ぐきの隙間である歯周ポケットに溜まった歯垢(プラーク)に含まれる細菌です。歯垢は、ブラッシング不足や砂糖の過剰摂取によって、お口の中にいる300~500の細菌が作り出すネバネバとした物質です。この歯垢1mgの中にはおよそ10億個の細菌が住み着くと言われています。その細菌がむし歯や歯周病を引き起こすのです。

歯垢を取り除かないでいると固くなってしまい、歯石と呼ばれる物質に変化します。歯石は歯の表面にとても強く付着してしまうため、ブラッシングで取り除くことができません。歯石は大変厄介で、歯石の中や周囲にさらに細菌が入り込むと歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

当院の歯周病治療

当院の歯周病治療歯周病の進行を抑えるには、早期発見・早期治療が必要です。そこで当院では、予防をメインとした歯周病治療を行っています。初期・中期に基本治療を行うこと、そして治療後はしっかりとメンテナンスを続けていくことが重要です。進行状態が重度の患者さまには専門医をご紹介し、適切な治療をお受けいただいています。

歯周病の基本治療とは、歯周病の進行具合に関わらず、まず初めに行われるべき治療のことを指します。歯周病の原因である歯垢や歯石の除去、グラグラする歯の噛み合わせ調整や歯の根の表面を滑らかにするという治療です。

プラークコントロール
プラークコントロールとは、歯垢を取り除くことです。プラークコントロールは、むし歯や歯周病予防に大変効果的です。多くの場合はご自宅でのブラッシングによるセルフケアです。

当院では、患者さま一人ひとりのお口の中の環境や状態に適した、最適なブラッシング方法を指導しております。また、必要に応じて歯科医院にてプラークコントロールを行う場合もあります。

スケーリング
スケーリングとは、スケーラーと呼ばれる超音波による特殊な器具を使って、ブラッシングでは取り除けない歯石や歯垢を除去する治療方法です。歯石は90%以上の人が持っていると言われています。しかも歯石は一度取り除いても、しばらく経つと再形成されるため、定期的なスケーリングが必要です。

レーザー治療

歯科治療用のレーザーにはさまざまな種類がありますが、当院では最もポピュラーな「炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)」を使用しております。

炭酸ガスレーザー当院では、炭酸ガスレーザーによる最先端治療も行っております。レーザーは、安全性の高い特殊な光線で、患部に照射するとピンポイントで浸透していきます。レーザーによる治療のメリットは、痛みがほとんどなく、傷口も小さくて済むということが挙げられます。

<レーザーが適用できる治療>
歯周病治療/口内炎治療/歯肉炎治療/知覚過敏治療/黒ずんだ歯肉のホワイトニング

炭酸ガスレーザーは国内で最も普及しているレーザーです。むし歯の進行具合によっては、レーザー治療のみでむし歯の進行を止めたり除去したりすることが可能です。

まずは、お悩みをご相談ください

無料のご相談はこちら