麻酔時の痛みを抑えるテクニック

テクニック1
麻酔時の痛みや不快感は、針を刺す際の"チクッ"とした感覚であることがほとんどです。"チクッ"を感じさせない麻酔のために、3種類の麻酔方法をご用意しております。

患者さまが最も痛みを感じないのはどの方法による麻酔なのか、を見極めて施術いたします。たとえば、患者さまの骨の硬さや麻酔の効きやすさ・効きにくさ、患者さまの麻酔に対する不安などを考慮した上で、最適な麻酔方法を選択しております。

麻酔時の痛みを抑えるテクニック●表面麻酔
表面麻酔は、クリーム状の麻酔薬を歯ぐきに塗りつけて、歯ぐき表面の感覚を麻痺させるものです。表面麻酔により、その後の注射器を使った麻酔時にほとんど痛みを感じずに済みます。当院では、主に小児歯科で使用しております。

麻酔時の痛みを抑えるテクニック●電動麻酔
電動麻酔は、その名のとおり電動による麻酔器です。一定の速度で極めて少量の麻酔薬をゆっくりと注入することができるため、麻酔時の痛みや不快感を覚えることがありません。

麻酔時の痛みを抑えるテクニック●シリジェット(針のない麻酔)
シリジェットは、高圧力で麻酔薬を噴流させることで麻酔薬を浸透させる麻酔器です。大きな特徴として「針がないこと」が挙げられます。歯ぐきに水圧をかけて使用するため、一瞬バチンという音が出ますが痛みはほぼありません。

テクニック2
麻酔を打つ際、痛みを感じやすい部位と感じにくい部位というのがあります。当然のことのように聞こえるかもしれませんが、実はこの部位を見極めて麻酔を打てている歯科医師が少ないのも事実です。麻酔への極度の不安・嫌悪感をお持ちの方の多さからもそのことが伺えます。

当院の院長は「痛くない麻酔」のために、徹底的に麻酔治療を施す部位について学び、研究してまいりました。そのため、大人の方の場合は表面麻酔を使うことはほとんどなく、手動での麻酔であっても痛くないと評判です。

まずは、お悩みをご相談ください

無料のご相談はこちら

map