歯並びが悪くなる原因

お子さまの成長をサポート歯並びが悪くなる原因には、日常生活での食事やお子さま自身の癖・習慣、遺伝などが考えられます。ここでは歯並びが悪くなる主な原因をご紹介します。

食事
普段の生活の中で、あまり噛まなくても済むような軟らかいものばかり食べていると、顎の発育に影響が生じます。顎が大きく育たないと、歯がきちんと入りきれません。その結果、歯並びがデコボコ状態となります。

口呼吸や癖
口呼吸が癖になっていると常にお口が開いている状態になるため、唇の力が弱くなったり筋肉のバランスが崩れたりして歯が突き出てしまうことがあります。また、頬杖をつく、唇を噛むなどを日常的に行っていると、下顎を歪ませてしまうことがあります。

遺伝
歯並びは親から子へ受け継がれやすいパーツです。親の歯並びや生まれつきの歯の本数などが遺伝することがあります。

まずは、お悩みをご相談ください

無料のご相談はこちら