歯並びが悪いと全身の健康、精神の発達に影響する恐れがあります

お子さまの歯並びが気になっても「このくらいなら平気だろう」と放置していませんか。放置すれば歯並びは確実に悪化します。それだけでなく、成長過程にあるお子さまにとって、歯並びは身体的にも精神的にも実に多くの影響を及ぼします。

お子さまの成長をサポート

<歯並びはお子さまにこんな影響を与えます>
●歯磨きがきちんと行えずむし歯になりやすい
●歯並びがコンプレックスとなる
●口腔内環境によって肥満を招きやすくなる
●舌の動きが制限されるため発音が悪くなる
●咀しゃくへの影響により知能や運動機能に影響が出る
●噛むときに顎に余分な力が入り顎関節症のリスクが高まる

歯並びが悪くなる原因

お子さまの成長をサポート歯並びが悪くなる原因には、日常生活での食事やお子さま自身の癖・習慣、遺伝などが考えられます。ここでは歯並びが悪くなる主な原因をご紹介します。

食事
普段の生活の中で、あまり噛まなくても済むような軟らかいものばかり食べていると、顎の発育に影響が生じます。顎が大きく育たないと、歯がきちんと入りきれません。その結果、歯並びがデコボコ状態となります。

口呼吸や癖
口呼吸が癖になっていると常にお口が開いている状態になるため、唇の力が弱くなったり筋肉のバランスが崩れたりして歯が突き出てしまうことがあります。また、頬杖をつく、唇を噛むなどを日常的に行っていると、下顎を歪ませてしまうことがあります。

遺伝
歯並びは親から子へ受け継がれやすいパーツです。親の歯並びや生まれつきの歯の本数などが遺伝することがあります。

お子さまの歯並びをチェックしてみましょう

歯の健康だけでなく、お子さまの内面や生活にも影響を与える歯並び。お子さまの歯並びは正常ですか。日常生活の中でお子さまの歯並びをチェックしてあげましょう。

<歯並びチェックリスト>
□ 歯を噛み合わせたときに上下の歯の中心がずれている
□ 奥歯を噛み合わせたとき、上の前歯が深く重なり下の前歯が見えない
□ 歯並びがデコボコしている
□ 下の歯が上の歯よりも前に出た状態で噛み合っている
□ 生えてこない歯がある
□ 発音しにくい音がある
□ 笑ったときに歯ぐきが大きく見えすぎる
□ いつも口がほのかに開いている
□ 食べ物が良く噛めないようだ
□ 顔が左右のどちらかに曲がっている気がする
□ 横を向いたとき(横顔)口元が前に突き出している
□ 唇を閉じると顎の部分にシワができる

上記の項目に1つでも当てはまるものがあったら、その原因は"歯並び"にあるかもしれません。気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

まずは、お悩みをご相談ください

無料のご相談はこちら

map